2012年12月アーカイブ

ドライオーガズムは御存知でしょうか??

私は最近新たな自分とも出会い、ついついエネマグラも使ってしまう程に・・・

体験してない方!!早めのチャレンジをお勧めします♪

 

うちは男ばかりの会社なので、いつも社内ではエロトークが飛び交っている。

そんな中、ある上司の男性が意味不明な言葉を口にしてきた。

 

『エネマグラしたことある?』

正直周りの空気が変わるほど衝撃の一言でした。

それって何?と思いながら話を聞いていると、なんとおもちゃの事だったんですね!!

おそらく分かっている人は少なかったと思います。

 

その上司とは冗談なども言い合える仲だったので、ご飯を食べに行った際自然と話題に出てきました。

今でも忘れません,ココイチのお店の中です。

 

食事後、渋々付き合いで風俗に連いて行きましたが、それはもう今まで味わった事が無い感覚でした。

初めての前立腺マッサージだったので最初は力がかなり入りましたが、段々力も抜け熱い『ググ』っとくる様な感覚がありました。

 

今でも忘れられません。

 

遊びが終わり、上司の前ではイマイチと返答しましたが内心良かったです。

次回1人で遊びに行くと決め、それ以来通いっぱなしです♪

しかもそれ以降エネマグラが手放せません。

今度行く際、痴女と遊べる大阪の風俗店と決めてたのでお店選びは簡単でした。

スケベマッサージに前立腺、男の潮吹きを得意とするお店をでした。

 

痴女ってすごいですね。

 

前立腺だけで何もすることなくイってしまいました・・・

後で調べた事なのですが、ドライオーガズムと言うそうです。

ちなみに射精する事をトコロテンとも言うそうです。

気になる人は調べてみて下さい☆

私は前立腺なしでは生きていけないぐらいです()

実際に体験して分かった事なのですが、結果 勇気を振り絞って私は良かったと思います。

 

M性感と聞いて、皆様どんなイメージを思い浮かべますか?

MといってもSMとは全然違って、別に溶けたローソク垂らされるわけじゃないです。

ヘルスサービスとも違い、Mの男性がSの女性からエッチに責められたり、言葉責めされたり、軽く虐められたりとMな男性が遊ぶ風俗店という感じです。

 

そもそもSMってなにかご存じですか?

Wikipediaに書いてることをかみ砕いて言うと、Sは一般に「加虐性欲」といって、身体的だったり精神的だったりの苦痛を与えることで性的に興奮したり快感を味わえるタイプの人で、

Mはその逆に「被虐性欲」といって、苦痛を与えられたり羞恥心とか屈辱感を味わうことで性的興奮を得るタイプのこと、ってことのようですね。

SMの正式名称はそれぞれサディスト、マゾヒストというらしいです。

どっちのタイプもいるから世の中うまくかみ合ってるんですねー。

 

また、普通のヘルス店では行わないアナルの前立腺マッサージや、奥さんや彼女には出来ない高度な技術を要した性的刺激の強いマッサージなどのサービスを提供するのがM性感です。

営業形態も様々で、店舗型のM性感店もあれば、ホテル型やデリバリー型もあり、用途は広がりをみせております。

M性感の聖地・大阪では、日本橋や難波周辺や梅田周辺にもM性感店が多く点在し、これだけお店が多いってことは、それだけニーズがあるって証拠じゃないでしょうか?

 

いくらM性感だからと言って、誰でも貴方好みのプレイを得意にしている痴女ばかりではないので、もし希望のプレイなどあれば、必ず受付でお伝えすることをお勧めします。

M性感のお店によっては、3Pコースや女装なども楽しめるマニアックなプレイも対応しており、嗜好性の高い風俗店が多くあります。

 

M性感もお客様のニーズに合わせて様々に変化を遂げており、私たちの想像を絶する変態プレイも可能になるでしょう。

マニアックなお客様やM性感でしか性欲を満たせないお客様の癒しの風俗店であることは間違いないようです。

m性感は遊び方やルールが難しいなんてお考えではないですか?

痴女性感フェチ倶楽部はそんな不安吹き飛ばしてくれました。

数多くあり男の遊びでも結構身近にある風俗ですが、業種も軽い物からハードでレアなものまで多くありますよね。

中々選ぶのも苦労するし一発に掛ける男の思いはただならぬ決意の塊だと思います。

今の時代は癒しを求める方が賢明かやっぱり濃くいくのか、迷ったら一度はトライしたいのがM性感です。

 

慣れないと中々チャレンジできないという方も多々いるとは思いますが、僕の経験談をこっそりお伝えしたいと思います。

 

まず皆様にお伝えしたいのは、ハマる事間違いないという事実です。

新境地を開拓できて、もう一人の自分に出会えたんじゃないかそんな気持ちに包まれます。

遊び方とかルールなんて気にしなくていいんです。

 

痴女性感フェチ倶楽部はそんなしがらみを一掃してくれます。

前立線や言葉責めエネマグラなど未知の世界へ導いてくれたんです。

ただの快楽じゃないただの快感じゃない本当の至福の時を演出してくれる事間違いありません。

しっかりとしたサービス内容に妥協を許さないプロの技は圧巻の一言です。

 

数ある風俗のお店から自分にあったお店を探すのは大変だし、魅惑の広告が溢れている中から本当に良い店探すのは宝くじ当てるより難しいかもしれません。

迷った時はまず信じる事です。

そしてm性感というジャンルに一歩足を踏み入れてはどうでしょうか?

そこには希望の光が、いや男の欲望に火を着ける情熱が待ち受けているはずです。

新しい道を是非開拓して下さい。とびらを開けるのはあなたです。

遊び方やルールがしっかりしている痴女性感フェチ倶楽部は僕にぴったりのお店でした。

MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ