2013年3月アーカイブ

今回僕が先輩に連れたれて言ったのは名古屋のM性感のお店で、痴女からいたずらをされるお店だった。
先輩は部類の風俗好き人間で会社でもよく、どこ、どこに新しいお店が出来た、あそこの○○ちゃんは可愛かったなど僕が聞いてもいない情報をいつも勝手に教えてくれる(笑)
最初はあたかも興味深々にきていいたが、その情報量が多すぎて、いくら先輩とは言え途中からはほとんど流していた。
つい先日も勝手に話してきた。ちょうど僕の誕生日前で、なぜか先輩は風俗に招待してくれるという話になったのだ。

僕はもともと風俗があまり好きではなかった。僕は九州の田舎から上京してきたばっかりで、正真正銘の田舎者&童貞だった大学生の時に、思い切って風俗に遊びに行ってみた。田舎にはそんなお店はなく、何もかもが初体験だった。いざ、ホテルへ入り、プレイが始まったが緊張のあまりか、勃起しなかったのだ。女性は一生懸命サービスをしてくれたが、なぜか僕の下半身はいうことを聞かなかったのだ。結局、人生初の風俗が失敗と終わり、そのことが社会人になった今でも尾を引きずっているのだ。
そんな僕が風俗に行くことになってしまった。

最初にも書いたが名古屋のM性感と言われる痴女のお店だ。僕はあまりわからないが先輩が言うには痴女のお姉さんがいたずらをいっぱいしてくれるというのだ。と、言っても説明だけではよくわからないまま、プレイとなった。

綺麗な女性で、僕の空気を察してくれたのか、リードしてくれた。そして、僕の下半身はみるみるうちに勃起し、天を仰いでいた。それから数分もしないうちに、射精していた。風俗で始めて気持ちいいと思った瞬間だった。

これから僕はM性感にハマってしまいそうな予感がしていた。

MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

最近のブログ記事